「パーティション(間仕切り)」で快適空間・機能空間を創造するメーカー・コマニー株式会社

コマニーSDGs宣言

お取引先様(サプライヤー)とのパートナーシップ

お取引先様(サプライヤー)とのパートナーシップ

私たちは、お取引先様とともに技術を高め、環境や人権にも配慮した最適な商材を工場へ安定的に供給するため、持続可能なサプライチェーンの構築を目指しています。定期的にお取引先様満足度調査を実施し、課題解決を通して、パートナーであるお取引先様と長期的に協力し合える関係性を築いていきます。ともに最高のパフォーマンスを発揮しながら成長発展できる共存共栄の関係を大切にし公正で公平な調達活動を行っていきます。

 

 

パートナーシップ関係構築

● 技術向上共有会による相互学習と課題解決の協働
当社では、お取引先様と双方の交流による技術向上共有会を行っています。モノづくりの基本は製作図面や加工図面であり、図面上の不明不備削減を目指して、設計段階で検査ポイントを明確にするなど、品質の維持継続を図っています。今後は情報化での連携に積極的に取り込み、図面のデータ化を活用して、ミスのない効率のよいモノづくりを進めるとともに、課題解決へ向けた相互の協働体制をさらに強め、技術と付加価値の向上を目指し課題解決を進めていきます。

 

 

● お取引先様満足度調査と定期面談の実施
お取引先様とのより良い関係性づくりのため「お取引先様満足度調査」を実施しています。満足度調査は、常日頃の私たちの評価であるとともに、当社に対する期待であると捉え、今後の改善事項について広くご意見・ご要望を収集してさらなる満足度の向上を目指しています。定期面談とあわせて、お取引先様との長期的な信頼関係の構築やQDC改善に繋げるうえでも継続的に調査・確認・改善を行っていきます。2019年度は調査でいただいた39件の課題に対して、34件の対応を実施しました。

 

 

● お取引先様交流会での対話
2020年1月、お取引先様をお招きし、第一回お取引先様交流会を開催しました。当日はお取引先様満足度調査の結果とご要望に対する改善状況の報告を中心に、購買方針の共有や当社のサステナビリティの取り組みについて説明を行いました。
同日には工場見学や懇親会も実施し、相互の交流を深めるよい機会となりました。今後も交流会を定期的に開催し、パートナーであるお取引先様との共存共栄を目指していきます

 

 

公正な取引

● パートナーシップ構築宣言
当社は、経済産業省・中小企業庁など関係省庁が組織する「未来を拓くパートナーシップ構築推進会議」で大企業と中小企業の共存共栄の関係を構築することを目的に合意された「パートナーシップ構築宣言」に賛同し、パートナーであるお取引先様との連携、共存共栄の関係を構築することを目指し取り組みを進めています。

 

 

● 取引先調査票での状況把握
持続可能なサプライチェーンを構築するためには、正しい原材料を正しい環境で加工・生産することが重要となります。購買部門では、2018年度に策定した「コマニーグループ人権方針」を受け、お取引先様との定期的な面談を実施し、取引先調査票を用いて状況把握を行っています。お取引先様やその関係者による人権への負の影響が当社の事業、商品またはサービスと直接つながっている場合、一連のサプライチェーンに対しても人権を尊重し、侵害しないよう求めています。今後も引き続き、人権・労働・環境・腐敗防止に関してマネジメントを実施していきます。

 

 

安定的な調達

● BCM(事業継続マネジメント)の取り組み
新型コロナウイルスや首都圏直下型地震、南海トラフ地震等をはじめとする自然災害など、我々を取り巻く環境は日々変化しています。このような様々なリスクに先じて調達先の分散化や適正在庫の見直しなど、調達のあり方を変化させ、有事においてもお客様の事業活動に影響を及ぼすことなく、商品の提供を継続できるよう取り組んでいます。その他にも、在庫回転率と先行情報を積極的に入手し、お取引先様とともにお客様へ安定供給できる取り組みを進めています。

 

 

ページトップ