「パーティション(間仕切り)」で快適空間・機能空間を創造するメーカー・コマニー株式会社

コマニーSDGs宣言

コーポレート・ガバナンス

コーポレート・ガバナンス

私たちは、経営の理念をもとに、企業価値を増大させ、経営効率を高め、公正で迅速な意思決定の向上に努めてい くことをコーポレート・ガバナンスの基本方針としております。今後も経営の健全性および透明性を確保するために、 経営監督機能および法令遵守体制強化の重要性を認識し、コーポレート・ガバナンスの充実を図ってまいります。

 

コーポレート・ガバナンス体制

 

 

取締役会

取締役会付議・報告事項に関する内規に従い、当社の経営に関する基本方針を決議し、重要な業務の執行状況につき報告を受けています。また、取締役会は原則月1回開催するほか、必要に応じて随時開催しており、当事業年度においては合計17回開催しました。なお、事業環境の変化に迅速に対応できる経営体制を構築するため、取締役の任期を1年としています。

 

 

取締役会の諮問機関

報酬諮問委員会は、取締役会からの諮問を受け役員等の報酬等を審議し、指名諮問委員会は、取締役会からの諮問を受け役員等の人事等を審議し、取締役会に答申することにより、この事項に関する客観性および透明性を確保して、コーポレート・ガバナンスの強化を図っています。 当事業年度においては、報酬諮問委員会は4回、指名諮問委員会は5回開催しました。

 

 

監査役(会)

監査役会において定めた監査方針・監査計画に基づいて、取締役会やその他の重要な会議へ出席し、取締役の職務執行を監査できる体制となっています。

 

 

常務会

取締役会の決定した経営基本方針に基づき、経営に関する重要な事項のうち、取締役会付議事項の事前審議および取締役会から社長執行役員に委任された事項について社長執行役員の諮問機関として審議しています。常務会は、原則週1回開催しています。

 

 

コーポレート・ガバナンス体制一覧表

 

 

コマニーグループ経営会議

代表取締役 塚本健太が議長となり、執行役員、連結子会社の役員に加え、関係部門責任者が参画し、経営戦略の全社共有化を図り、事業環境の変化に迅速に対応できる意思決定に結びつけています。

 

 

コンプライアンス・リスクマネジメント委員会

取締役 元田雅博を委員長とし毎月開催しています。国内子会社で選定されたメンバーも四半期ごとに当委員会に参加し、当社グループの重要リスクの低減および役職員へのコンプライアンス意識の向上に努めています。また、国外子会社は四半期ごとに重要リスクの低減内容を当委員会に報告しています。

 

 

 

 

取締役会の自己評価

当社は、毎年1回、取締役・監査役自身による「取締役会自己評価」を実施しています。取締役会の運営に関して改善すべき意見等を集約確認し、実効性の高い運営を議論することで改善に結びつけ、会社の健全な成長・発展、企業価値の向上につなげています。

 

 

評価結果の概要

・独立社外取締役3名を含め、多様な知識、経験をもつ取締役・監査役で適切に構成されている。

・取締役会上申事項について、有意義に議論できている。

・コーポレートガバナンス・コードの見直しは十分かつ定期的に議論できている。

・経営の基本方針、中長期の経営戦略や経営計画等の議論をより充実させられる年間の議題運用にすべきである。 ・経営陣による適切なリスクテイクを支える環境整備を進めるべきである。

・事業遂行におけるリスクと機会の議論をバランスをもってより充実させるべきである。

・取締役会の審議において、全員がより監督的な立場で臨むようにすべきである。

 

本評価結果を踏まえ、継続的な改善を行うことで、取締役会のさらなる実効性向上に取り組んでまいります。

また、監査役会につきましても、毎年1回、「監査役会自己評価」を実施しています。

評価結果を踏まえ、監査役監査計画に重点事項として反映することにより、監査役会の機能の向上を図っています。

 

 

監査役監査の状況

監査役は、本有価証券報告書提出日現在において、社外監査役2名を含む4名で構成されており、監査役会において定めた 監査方針・監査計画に基づいて、取締役会等の重要な会議に出席し、取締役の職務執行を監査しています。また、代表取締役、社外取締役、会計監査人・内部プロセス監査部等と定期的にミーティングを行い、内部統制の整備・運用状況を確認しています。社内各部署および当社グループ各社の監査にあたり、内部プロセス監査部と連携して、取締役・使用人からの事情聴取、実地調査等を行っています。

 

 

コーポレート・ガバナンスの取り組み

 

 

 

コンプライアンス意識の徹底

当社グループは、「我等の精神は人道と友愛である」との心をベースにしたコマニー理念の浸透を図るため「コマニー理念手帳」を作成し、毎朝の朝礼時に輪読を行うとともに、理念教育として「コマニー理念研修」を毎年実施し、役職員等への理念の浸透を図っています。また、取締役会および使用人が職務を遂行するにあたっての遵守事項を定めた「コマニーグルー プ行動規範」を定め、法令、企業倫理、社内規程等を遵守し、社会規範に沿った責任ある行動をとるよう、当社グループ内へ 「コマニーグループ行動規範」の周知徹底を行っています。

当社および国内子会社は、職場において企業倫理やコンプライアンス意識の浸透・向上を図るため、全役職員を対象にしたコンプライアンス教育を実施し、さらにEラーニングによる教育を展開しています。また、社内掲示板等を利用した法令遵守等の情報発信を継続的に行っています。

 

 

 

内部通報制度

「コンプライアンスホットライン規程」を整備し、当社および国内子会社の役職員等からの内部通報に対応できるよう努めています。また、第三者機関を窓口とする内部通報窓口を社外に設置し、不正行為等の早期発見と未然防止を掲げています。

ページトップ