「パーティション(間仕切り)」で快適空間・機能空間を創造するメーカー・コマニー株式会社

企業情報

コマニーの取り組み

img_ud

 

ユニバーサルデザイン(UD)とは、ノースカロライナ州立大学のユニバーサルデザインセンター所長であったロナルド・メイス氏らにより『特別な製品や調整なしで、最大限可能な限り、すべての人々に利用しやすい製品、サービス、環境のデザイン』と定義され、UDの7原則が作られました。

ユニバーサルデザインの7原則

原則1
様々な人が同じように利用できること

自動ドア

自動ドア
車いすの人やベビーカーを押している人など、みんなが同じように使うことができます。
原則2
選択肢があること

いろいろなトイレ

いろいろなトイレ
洋便器や和便器、ベビーチェアがついたトイレなどいろいろなトイレがあると、その人の身体特性や状況に応じて選ぶことができます。

原則3
使い方が簡単で分かりやすいこと

大きなボタン

大きなボタン
一目で、ドアの開閉方法がわかります。
原則4
情報が分かりやすいこと

ディアードのロック操作シール

ディアードのロック操作シール
日本語、英語、点字での表記で、外国の人や目の見えない人にも分かります

原則5
失敗しても危険につながらないデザインであること

ディアードの指つめ防止機構

ディアードの指つめ防止機構
間違った閉め方をしても、指をつめません。
原則6
体の負担が少ないこと

ディアードのロック

ディアードのロック
大きくて軽いので、指1本でも楽に操作できます。

原則7
十分なスペースがあること

多目的トイレ

多目的トイレ
車いすの人がブース内で回転したり、便器に乗り移ったりするために、広いスペースがあります。

ページトップ