「パーティション(間仕切り)」で快適空間・機能空間を創造するメーカー・コマニー株式会社

コマニーSDGs宣言

SDGsで目指すもの

トップメッセージ

 

トップメッセージ

 

SDGs実現における、コマニーの役割

 

 世の中が大きな転換点を迎えようとしている今、2015年9月に国連加盟国193ヶ国の全会一致で持続可能な開発目標(SDGs)が採択されたことは、世界のすべての国、機関、企業、市民が手と手を取り合って、貧困のない自由で平和な世の中をつくり出すための歴史的な一歩であると確信しております。

 SDGs の実現に向けて、企業がSDGs に積極的に参加することは必須課題であると捉え、コマニーは2018年4月2 日に「コマニーSDGs 宣言」をしました。SDGs が掲げる目標と、私たちの経営理念、方針、戦略を一致させ、具体的運用を通してSDGs 実現に貢献していきます。
 私たちは創業以来、「人の心をベースとした経営」をおこなってきました。「企業は世の中の幸福に貢献するために存在すべきである」という信念のもと、当社に関わるすべてのステークホルダーの幸福を追求し、活動しております。

 私たちの目指す経営は、SDGs の実現に向けて具体的な方針や施策に落とし込み、商品やサービスによって社会的インパクトを創出するとともに、私たちに関係するすべての人がより幸福で充実した生活を送ることができるよう、企業として取り組みを展開していくことです。私たちはパーティションを通じて空間に新たな価値を創造するメーカーとして、SDGs のGoal9 である技術革新をレバレッジとして、これらを持続的に循環するための「コマニーSDGs∞(メビウス)モデル」を採択し、これを機能させることによって企業価値向上を図っていきます。

 

代表取締役 社長執行役員

塚本 幹雄

 

コマニーSDGs∞(メビウス)モデル

メビウスモデル

 

 コマニーは、パーティションのリーディングカンパニーとして、(1)SDGs が提起する社会課題解決のために、IoT・AI やユニバーサルデザイン、耐震関連などの研究と商品開発を当事者とともに実現することで社会的インパクトを創出するとともに、(2)全てのステークホルダーの幸福度向上を経営課題と位置づけ、従業員、お取引先(サプライヤー)様、地域社会、地球環境、株主・投資家様への施策を具体的に落とし込み、実施することで「誰一人取り残さない」経営を実現します。そしてこれらをSDGs が掲げるGoal9 の技術革新をレバレッジとすることで、(1)と(2)を持続的に循環・向上させる「コマニーSDGs∞(メビウス)モデル」を採択し、これを機能させることで企業価値を向上させ、雇用促進など地方創生にも寄与していきます。

 

 

コマニーSDGsレポート 

ページトップ