サイト内検索を閉じる
サステナビリティ経営への取り組み

社会貢献活動

事業活動にとどまらず、より貢献を広げるため に何ができるかを考える

従業員が自らの良心に素直に行動を起こせば、沢山の人の役に立つことができ、結果として私たちの視野が広がり、事業活動にも役立っていくと考えています。将来にわたって明るい未来を築いていくことができるよう、地域・日本・世界それぞれに活動の輪を広げ、さまざまな問題解決を通して世の中の幸福に貢献していきます。

一つの出会いがキッカケに誕生したこまつ子ども食堂

2018 年8月に開催されましたUECaféで別案件で発表の場をいただきました。その時の御縁がきっかけであっという間に誕生したのが『こまつ子ども食堂』です。あれから3年。現在小松市内9 ヶ所開催にまで食堂は成長しました。コマニーさんにはスタート時から、開催に際し一番問題となる、資金面でのマンスリーサポートをいただいております。それだけではなく、社内で広くフードロスの食品を集めていただいたり、直接食堂にボランティアとして参加して頂いたり、時には私の相談にも乗って頂いたり。開催スタッフ一同どれだけ感謝申し上げても足りないぐらいです。一口に社会貢献、ボランティア。できそうでできないものです。しかしそれを社員の方々が率先して取り組まれるお姿や、そのチームワーク。多くの日本の企業がモデルケースとして欲しいぐらいです。民間だから手を組んでできること。この先の未来に向かってまたご一緒に伴走よろしくお願いいたします!

こまつ子ども食堂 代表
日野 史氏

従業員の「したいと思う」を大切に

当社の社会貢献活動で大切にしていることは「社員の主体性」です。決め られたことを実施するのではなく、相手のために心から「したいと思う」 ことを行うことを大切にしています。当社が行う社会貢献活動の特長はお互いの顔が見えることです。地域の福祉施設、各地で発生する災害の 被災地、カンボジアなどさまざまな活動を行っていますが、いずれも社員自らが現地に赴き、対話を通じた交流を行っています。これにより、継続的でより発展的な活動へと広がっています。

コロナ禍だからこそ実現出来たオンラインでのチャリティイベント

地域発展のためには産官学民が一体となって取り組んでいくことが何より大切と考え、交流の場の設定や自治体主催のイベントへの積極参加などを通じてつながりを深めています。毎年夏に開催されるチャリティイベント「コマフェス」では毎年多くの方にご参加いただいています。今年はコロナ禍とうこともありオンラインでイベントを開催しました。このチャリティイベントは「楽しみながら社会貢献をする」をテーマにしています。おとずれるお客様はもちろんのこと運営する従業員もイベントを企画することを楽しみ、お客様が喜んでくれることを楽しみ、募金・売上をさまざな団体に支援をしていくイベントです。今年はオンラインで距離の制約がなくなったことから、カンボジア支援をしている現地の子どもたちとの交流や、これまでの支援でつながっている地域からのさまざまな発信やご当地品のオンライン販売などが実現し、参加者もオンラインであることから、気軽に参加していただくことができ、コマフェス史上最高額となる募金・売上総額となりました。

UE-Café@小松

社会貢献やボランティアについて地域、学生、市民、企業が交流する場として毎年定期的に開催をしています。今年はオンラインで開催しました。

ピースフレイムムーブメント

原爆の残り火を灯し、平和について考える。みなさんと平和につて学び・語り・未来へのアクションへと繋がるキッカケづくりをするオンラインイベントを開催しました。

カンボジア支援

カンボジアの村の子供たちの可能性を広げるための環境支援ということで、従業員に支援を募りパソコン教室を建設しました。

新入社員ビーチクリーン

新入社員が研修で学んだマイクロプラスチックによる「海洋汚染問題」をなんとかしようと、自ら企画をし地元石川の海をきれいにするアクションを起こしました。

KAKOUの寄贈

コロナ禍で生まれた在宅用の商品のKAKOUは手軽に運べることから、令和2年7月豪雨支援でKAKOUを避難所へ寄贈しました。

中学校へのSDGs授業

コマニーの取り組みを紹介するだけではな く、次世代がSDGsを正しく理解して、行動につなげて もらうために、未来に繋がる授業を行いました。

  1. トップページ
  2. サステナビリティ
  3. サステナビリティ経営への取り組み
  4. 社会貢献活動