「パーティション(間仕切り)」で快適空間・機能空間を創造するメーカー・コマニー株式会社

コマニーSDGs宣言

地球環境との共存

地球環境との共存

私たちは、地球環境との共存のもとで企業活動を行うことが大前提であると考え、省エネ・再エネ・リサイクルなどを通じた地球環境保護に努めています。私たちはSBT認証に基づくCO2排出量削減の実施、FEMSによるエネルギー効率化、太陽光発電システムの導入促進、産業廃棄物排出量の削減などの施策を展開し、持続可能な社会の実現に取り組んでまいります。

 

 

 

環境マネジメント体制

当社は省エネルギー対策と再生可能エネルギー利用の推進を行うため、製造・物流・施工・購買・事務・製品・グループ子会社の7つの部会から構成する「環境保全委員会」を中心とする環境マネジメント体制を構築し、環境保全活動を進めています。

 

脱炭素社会への取り組み

● 再エネ100宣言RE Actionへの参加
当社は2019年10月に新たに設立された、使用電力を100%再生可能エネルギーに転換することを宣言する枠組みである「再エネ1 0 0 宣言RE Action」に初回参加団体として加入し、2040年までに使用電力を100%再生可能エネルギーにすることをコミットメントしています。今後は自家消費型太陽光発電システムを導入していくとともに、既存太陽光発電システムの自家消費への切り替えやグリーン電力の購入等にて再エネ比率を高めることで、CO2排出量の削減に取り組んでいきます。

 

● SBT認定によるCO2排出量の削減
 
CO2排出量削減目標
当社が設定した中長期のCO2排出量削減目標が、パリ協定が目指す「1.5℃目標」の達成に対し、科学的根拠に基づいた目標であると認められ2020年4月にSBTイニシアチブからの認定を取得しました。当社では2030年までに2018年比で、Scope1+2における排出量を50%削減することを約束するとともに、サプライヤーエンゲージメントとして、購入した商品やサービスを対象とした排出量の80%に相当するサプライヤーの目標設定を2024年までに完了することを約束しました。

 
CO2排出量実績推移
業務変革と企業価値向上を重視し、お客様への提案から受注、生産、施工までのムダの排除による生産性向上を推進したことにより、自社でのエネルギー使用にかかるScope1+2のCO2排出量は、2018年より196t(3.9%)削減しました。今後も省エネと再エネの両面からCO2排出量の削減に取り組むとともにサプライヤーとの協働による削減にも努めていきます。

 

循環型社会への取り組み

● エコ商品開発
多様な命を育む美しい地球を次世代へと受け継いでいくために、環境保護に配慮したエコ商品の開発に取り組んでいます。当社では、『エコマーク認定品』、『グリーン購入法適合品』、そしてコマニーオリジナル環境基準を満たした『コマニーエコラベル商品』でエコ商品開発を推進しています。
 
● 産業廃棄物排出量の削減
生産工程において、材料の実寸購入、歩留り改善などを実施し、産業廃棄物排出量は減少しました。また、産業廃棄物保管場所での分別の徹底等を実施し、廃棄総量のリサイクル率も年々向上しています。今後も循環型社会の実現に向け、材料購入方法、生産方法、梱包方法等を見直し、リサイクル率向上、産業廃棄物排出量の削減に取り組みます。

 

生物多様性の保全への取り組み

● 梱包資材の脱プラスチックへの取り組み
商品をお届けする際に使用している梱包資材において、「再生品プラスチックへの転換とリサイクルの仕組み化」に取り組んでいます。さらに、「バイオマスプラスチックを含む素材の梱包材」など、地球環境にやさしい梱包材への切り替えを進めています。

 

ページトップ