「パーティション(間仕切り)」で快適空間・機能空間を創造するメーカー・コマニー株式会社

家の防犯意識についてアンケート調査を実施

 

 6月9日の「ロックの日(我が家のカギを見直すロックの日)」にちなみ、政令指定都市及び東京23区の共同住宅(マンション・アパート)にお住まいの方(516名)を対象に、家の防犯意識についてインターネットアンケートを実施しました。 

 

 ■ 調査結果のポイント

● 「在宅中でも必ず玄関の鍵を締める」という人は87.4%
● 全体の40.7%が「鍵の締め忘れが心配になった」という経験あり
● 5人に1人の割合で、自分(または友人、知人)が「住宅侵入の被害にあったことがある」と回答
● 賃貸派でも「次は家賃がアップしても玄関オートロックを選びたい」が84%

 

 

高い防犯意識の一方で、現実的には「鍵の締め忘れ」を不安に感じる人も

アンケート結果では、外出時だけでなく、在宅中でも施錠するという人が全体の87.4%と、セキュリティへの関心の高さがうかがえます。しかし、外出時に鍵を締め忘れたり、締め忘れを心配したことがあるという人も全体の62.1%に。防犯を意識しながらも、戸締まりの確認が徹底しにくいという現状が浮かび上がりました。

 

 

 

info1

 

 

info2

 

 

 

また、5人に1人の割合で、自分(または友人、知人)が「住宅侵入の被害にあったことがある」と回答。警察庁の調べによると侵入被害にあったなかで、45.1%が無施錠(鍵の締め忘れ)によるもの。という実態も明らかになっています[出展:警察庁(平成25年の犯罪情勢)より]。侵入被害は誰でも身近に起こり得るトラブルといえるでしょう。

 

 

 

info3

 

 

 

 

 

info4

 

 

 

 

分譲派、賃貸派ともに、玄関ドアのオートロックに関心を示す傾向が

賃貸マンションやアパートに住む人に「次に引越する場合、玄関がオートロック付きの家を検討しますか?」と尋ねたところ、半数以上の人が「ぜひ選びたい」「前向きに検討はすると思う」と回答。費用についても、「家賃がアップしてもオートロック付を選ぶ」と回答した人が84.2%。中でも「5,000円以上家賃がアップしても許容する」と回答した人は約30%に上りました。

 

 

info5

 

 

 

info6

 

分譲マンションに住む人に「玄関ドアのオートロックの魅力」について尋ねると、「締め忘れがない点」を挙げたのが76%。また、「ドアが閉まると自然に施錠される」、「鍵をなくす心配がない」など、オートロックならではのポイントを魅力と感じる人がそれぞれ6割を超えました。

 

 

「施錠」にまつわる不安を解消するのが「オートロック錠」

今回のアンケート調査からは、多くの人が日頃から家庭の防犯を心がけているものの、施錠を忘れることもあり、外出先でもそれを心配してしまうという現実が垣間見えます。オートロック錠については、セキュリティの高さや、鍵を紛失する心配がないといった点に強い関心を抱いているといっていいでしょう。
誰もが抱くそんな不安を解消するかたちで、コマニーでは、不注意などの鍵の締め忘れを防ぐ後付け可能な玄関オートロック錠「DECIMEL(デシメル)」を販売しています。

 

 

 

玄関オートロック錠「DECIMEL(デシメル)」について

「DECIMEL(デシメル)」は、ドアが閉まると自動的に施錠されるオートロック錠。既存の玄関ドアに後付けすることも可能な上に、電池式なので複雑な電気工事も不要。取り付けは専門の施工者が担当し、約1時間の工事で玄関がオートロック化に。取り付けから5年間の長期保証や、24時間365日対応のコールセンターなどサービス・サポート体制も充実。開錠はスマートキーでワンタッチという手軽さもうれしいです(スマートフォン対応もあり)。

 

 

 

 コマニーが住まいのセキュリティ強化をお手伝い 

campaign

 

 

ご購入はこちらから

 
        rakuten amazon

 

           ※キャンペーン価格は平成29年6月9日(金)午前10時から平成29年6月30日(金)17:00まで

 

■ 調査概要

調査委託先: マクロミル
調査方法 : インターネットリサーチ
調査対象 : 20~69歳の共同住宅にお住まいの方
対象エリア: 政令指定都市+東京23区
割付方法 : 性別を均等に回収/合計516サンプル
調査期間 : 2017年05月22日(月)~2017年05月23日(火)

 

ページトップ