ニュース – コマニー株式会社 https://www.comany.co.jp 「パーティション(間仕切り)」で快適空間・機能空間を創造するメーカー・コマニー株式会社 Mon, 23 Mar 2020 01:01:59 +0000 ja hourly 1 組織改正および人事異動に関するお知らせ https://www.comany.co.jp/news/2020/03/23/14957/ Mon, 23 Mar 2020 01:00:26 +0000 https://www.comany.co.jp/?post_type=news&p=14957 国際女性デーに向けて全社員へD&I推進メッセージを発信 https://www.comany.co.jp/news/2020/03/06/14947/ Fri, 06 Mar 2020 04:00:33 +0000 https://www.comany.co.jp/?post_type=news&p=14947 続きを読む 国際女性デーに向けて全社員へD&I推進メッセージを発信]]> 多様性のある会社風土へ
コマニーがD&I推進を加速
~3月8日国際女性デーに向けて全社員へトップメッセージ ~

 

2020年3月6日

 

 パーティションで快適空間・機能空間を創造するメーカーのコマニー株式会社(本社:石川県小松市、代表取締役社長執行役員:塚本健太)は、3月8日の国際女性デーに合わせて、女性活躍推進を含むダイバーシティ&インクルージョン(以下D&I)について、3月5日にトップメッセージとして全社員に発信しました。

 

 生産年齢人口の減少が懸念される昨今、私たちコマニーでも多様性を尊重し、それぞれの個性を発揮できる環境を築いていくことが成長戦略の軸となるとの認識のもと、一人一人が光り輝けるように様々な取り組みを推進してまいりました。今回のD&I推進を加速させるにあたり、全社員への意識調査やヒアリングを実施し、その結果を経営層を主体としたD&Iを専門に推進する委員会にて議論・検討を進めています。これからも「みんなにとって働きやすい職場づくり」の実現に向けて全社一丸となって取り組んでまいります。

 D&I推進トップメッセージ

 SDGsを経営戦略の中枢に据えるコマニーにとって、D&Iを実践することが、企業としての継続的な発展に必要不可欠であると私は信じています。そこで、今年の国際女性デーをきっかけとして、改めてコマニーグループがD&Iを推進していくことを宣言するとともに、皆さんと共に取り組みを進めるきっかけとしたいと思います。
 D&Iの進度を測る重要な指標である女性活躍の実態に目を向けると、従業員の女性比率は15.2%、女性管理職比率に至っては2.5%という状況です。役割等級は20代では差がありませんが、出産や育児期を経た30代以降に男女間の差が拡大しています。D&Iの取り組みは世の中に比べてもまだまだ遅れており、経営幹部から新入社員までが全員で改善を進めていかなければならないと強く感じています。
 コマニーでは全社員の女性比率や責任者の女性比率、会議に参加している時の男女比など、圧倒的に男性が多いのが現実です。このような環境は、女性にとって居心地が悪いだけでなく、女性が発言しにくいといった状況を作り出します。その結果、ルールや制度、風土や文化が男性の声のみを反映した形で形成されることになり、女性が更に発言しにくくなるという悪循環を生み出します。このような状態で自分らしく輝くことは極めて難しいことです。
 今まではこれが当り前だったかもしれませんが、このような状況がおかしいことだという認識に変え、全社員でD&Iを推進していかなければなりません。その為に重要なのは、意思決定に関わる人が積極的に「みんなにとって働きやすい職場づくり」の実現に向けて取り組むことです。
 今、世の中には多くの問題があります。少子化、高齢化、災害の頻発など、どれも様々な考えをもった多くの人たちが集まり、アイディアを出し合ってイノベーションを起こす必要があります。私はコマニーに集う一人一人が光り輝く、そんな会社を目指すことで男女の格差を始めとする様々な壁をなくし、2030年には個々の社員がありのままで尊重される会社作りを実現します。
(メッセージを一部抜粋)

代表取締役社長執行役員 塚本健太

 

 

 

社員へのD&I(ダイバーシティ&インクルージョン)意識調査

■調査の概要

 調査方法:社内イントラネットによる選択式のアンケート調査
 調査対象:役員、正社員(再雇用含む)、契約社員(パート、アルバイト)
 調査実施時期:2019年11月~12月
 回答数:567人(男性456人、女性111人(質問によっては無回答あり))

 

 

■調査結果の概要

1)D&I(ダイバーシティー&インクルージョン)という言葉やその内容が社内では認識・理解されていない。
コマニーの社内ではD&Iという言葉自体が48%の方が聞いたことがないという結果になりました。
また、言葉を聞いたことはあるが、内容まで理解できていない人を含めると、約8割の社員が内容を知らない、理解していないということがわかりました。

Q.ダイバーシティ&インクルージョンという言葉を聞いたことがありますか?

 

 

 

2)職場においてジェンダー(社会的な性差)の感じ方が男性・女性で差がある。
職場における社会的な性差は全体的には23%の社員が感じていますが、男性では18%、女性では41%と男女間で大きな差があることがわかりました。また性差が感じる内容については、男性では「性別や役割分業の意識が社内に根強くある」、一方女性では「昇給や評価で男性が優遇されている」など、感じる内容がそれぞれの性別で違うことがわかりました。

 

Q.あなたは、現在の職場において、ジェンダー(社会的な性差)を認識させられることはありますか?

 

 

 

■コマニーグループのこれまでのD&I推進の主な取り組み

•介護、育児、傷病における法定以上の時差出勤制度の拡大[2014年6月]
•在宅勤務制度の制定(通勤困難者、障害者に適用)[2016年12月]
•在宅勤務制度の拡大(育児、介護にも拡大)[2018年2月]
•ジョブ・リターン制度の制定[2018年4月]
•働き方改革宣言[2018年10月]
•コマニーグループ人権方針制定[2019年6月]
•コマニーとして初の女性社外取締役の就任[2019年6月]
•子育てサポート企業として厚生労働省が認定する「くるみんマーク」を取得[2019年6月]
•女性管理職比率20%の目標設定(2030年度目標)[2019年9月]
•女性従業員比率30%の目標設定(2030年度目標)[2019年9月]
•経営層を主導としたサステナビリティ経営推進委員会、D&I推進分科会を発足[2019年10月]
•災害時・緊急時の子ども連れ出勤の許可[2019年11月]
•社内へD&I意識調査の実施[2019年11月]
•「輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会」行動宣言へ賛同[2020年2月]

 

 

プレスリリース全文(PDF)

]]>
新型コロナウイルスの影響による大阪ショールーム閉鎖のお知らせ https://www.comany.co.jp/news/2020/03/05/14942/ Thu, 05 Mar 2020 06:44:03 +0000 https://www.comany.co.jp/?post_type=news&p=14942 続きを読む 新型コロナウイルスの影響による大阪ショールーム閉鎖のお知らせ]]> 当社の大阪支社がオフィスを構えるあべのハルカスにおいて、他社勤務の40代女性が新型コロナウイルスに感染したことを確認しました。
皆様の安全面を考慮し、感染拡大を防ぐ措置としてあべのハルカス27階の当社ショールームを3月31日まで閉鎖させていただきます。ご理解、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

 

【期間】
2020年3月5日(木)~ 2020年3月31日(火)

]]>
日本福祉のまちづくり学会 大会優秀賞受賞のお知らせ https://www.comany.co.jp/news/2020/03/03/14925/ Tue, 03 Mar 2020 06:33:18 +0000 https://www.comany.co.jp/?post_type=news&p=14925 続きを読む 日本福祉のまちづくり学会 大会優秀賞受賞のお知らせ]]> 「オフィストイレのオールジェンダー利用に関する研究会」研究発表

日本福祉のまちづくり学会 大会優秀賞を受賞

~金沢大学、 LIXIL、コマニーの産学共同研究会で、あるべきオフィストイレを追求~

 

2020年3月3日

 

 コマニー株式会社(本社:石川県小松市、代表取締役社長執行役員:塚本健太、以下コマニー)は、国立大学法人金沢大学、ならびに株式会社LIXIL(本社:東京都江東区、社長:大坪一彦、以下LIXIL)とともに「オフィストイレのオールジェンダー利用に関する研究会」(座長:岩本健良 金沢大学人間社会研究域人間科学系准教授、以下本研究会)を発足させ、共同研究しています。その研究の一部を「オフィストイレのオールジェンダー利用に関する研究 その2 オフィストイレの利用満足度要因におけるジェンダー比較」としてまとめ、2019年8月に開催された一般社団法人日本福祉のまちづくり学会第22回全国大会(東京)にて発表し、大会優秀賞を受賞しました。

 

 本研究会は、「トイレ利用は、人間の尊厳にもかかわる人権のひとつである」という認識の下2017年8月に発足しました。研究会メンバー3者の知見を掛け合わせることで、「オールジェンダーに対してあるべきオフィストイレ」を追求し、全ての人々のトイレ利用に関する人権が尊重される社会環境実現の一助となることを目指し活動をしています。2019年5月には、「オフィストイレのオールジェンダー利用に関する意識調査報告書」を公開しています。

 

 日本福祉のまちづくり学会は、法律や社会福祉、工学などあらゆる分野が集結し、様々な「福祉のまちづくり」について研究・開発していくことを目的として1997年に設立されました。翌年1998年より全国大会が開催され、様々な研究報告がされています。

 

 

大会優秀賞 受賞テーマ

オフィストイレのオールジェンダー利用に関する研究 その2
 オフィストイレの利用満足度要因におけるジェンダー比較

 

▲大会優秀賞 賞状

 

 コマニーは、あらゆる利用者の声に耳を傾け、共感しながら誰もが快適に利用できる空間を追求しています。今後も一人でも多くの人が快適に便利に利用できるパブリックトイレ環境の実現を目指して取り組みを継続していきます。

 

 

■日本福祉のまちづくり学会

第22回全国大会(東京) 大会優秀賞・大会奨励賞の決定お知らせ

 

大会優秀賞の決定お知らせ

 

 

 

■オフィストイレのオールジェンダー利用に関する意識調査 報告書(公開用資料)

 

意識調査報告書

 

 

 

■研究会の概要

名称:「オフィストイレのオールジェンダー利用に関する研究会」

参加メンバー:金沢大学、株式会社LIXIL、コマニー株式会社

座長:金沢大学人間社会研究域人間科学系 岩本 健良 准教授

研究会の目的:性自認(Gender Identity)に関わらず、全てのオフィスワーカーが

       「安心して、快適に利用できるオフィストイレ環境」を明らかにすること。

活動開始:2017年8月1日発足。その後各種活動を共同で実施。

 

 本研究会では、当調査の実施を受け、各種学会などにて調査結果を報告しました。また、「2020東京オリンピック・パラリンピックに向けたピクトグラム(図記号)のあり方検討事業」の意見交換会で委員として参加しピクトグラム作成に協力したほか、有識者を対象とした調査結果報告会を実施するなど、本知見に関して広く広報活動も行っています。

 

 

■座長プロフィール

岩本 健良 (いわもと たけよし) 金沢大学人間社会研究域人間科学系准教授

 

略  歴:関西学院大学社会学部卒業、北海道大学大学院文学研究科修了

専門分野:教育社会学、ジェンダー学

主な業績:『教育とLGBTIをつなぐ』(共著:青弓社)

     『ダイバーシティ時代の教育の原理』(共著:学文社)

     「LGBT当事者アンケート調査:2600人の声から」(報告書:NHKオンライン)など

委  員:LGBT法連合会参与

 

 

 

プレスリリース全文(PDF)

]]>
採用サイトをリニューアルしました https://www.comany.co.jp/news/2020/02/27/14920/ Thu, 27 Feb 2020 00:44:53 +0000 https://www.comany.co.jp/?post_type=news&p=14920 SBTイニシアチブに基づく二酸化炭素削減目標の設定宣言についてのお知らせ https://www.comany.co.jp/news/2020/02/17/14907/ Mon, 17 Feb 2020 06:00:32 +0000 https://www.comany.co.jp/?post_type=news&p=14907 続きを読む SBTイニシアチブに基づく二酸化炭素削減目標の設定宣言についてのお知らせ]]> コマニーはSBTイニシアチブに基づく

二酸化炭素削減目標を設定することを宣言
~SDGs推進で持続可能な脱炭素社会の実現に貢献~

 

2020年2月17日 

 

 

 パーティションで快適空間・機能空間を創造するコマニー株式会社(本社:石川県小松市、代表取締役社長執行役員:塚本健太)は、国際的な環境団体であるSBTイニシアチブが定める、科学的に整合性のある二酸化炭素削減目標を設定することを1月17日に宣言しました。

 

 SBT(Science Based Targets)は、CDP※1、国連グローバルコンパクト、世界資源研究所、世界自然保護基金の共同イニシアチブで、企業が産業革命前の温度と比較して地球の気温上昇を2°C未満に保つために必要な脱炭素のレベルに従って、排出削減目標を設定することを支援しています。

 コマニーはSBTが定めるScope1~3※2の二酸化炭素排出量を算出し、二酸化炭素削減のためのロードマップを策定しました。そしてコミットメントレターを提出し、削減目標を設定することを宣言しました。今後はSBTイニシアチブ基準に沿った目標を設定し、SBT認定を申請した後審査が行われ、認定基準を満たすことで認定となります。目標設定を目指す企業はコマニーを含めて日本国内で24社(2020年1月21日時点)あり、今後は目標設定済み企業(SBT認定)を目指し、認定条件を満たすべく取り組みを進めていきます。

 

 

 

コマニーの二酸化炭素排出量削減の取り組み

 コマニーはSDGsを積極的に推進し、社会貢献活動や働きやすい環境づくりなどに取り組んでいます。その取り組みの中で、後世に美しい地球環境を残すための環境活動も展開しています。

 二酸化炭素排出量削減の取り組みとして、2030年までに使用電力を50%再エネに転換することを目標とし、2014年から太陽光発電システムを稼働・拡大しています。その他にも、日本気候リーダーズ・パートナーシップ(JCLP)への加盟や再エネ100宣言 RE Actionへの参加などを行い、環境に関する知見の向上や先進企業とのネットワークを作り、持続可能な脱炭素社会の実現を目指しています。

 

※1 CDP:気候変動など環境分野に取り組む国際NGO。

     2000年に設立された「カーボン・ディスクロージャー・プロジェクト」が前身。

※2 Scope1:企業自身が直接排出した温室効果ガス排出量(化石燃料、天然ガスなど)  

  Scope2:間接的に排出した温室効果ガス排出量(電気など)  

  Scope3:間接的に排出するサプライチェーンでの温室効果ガス排出量(製造、輸送、通勤など)

 

 

▲コマニー本社工場上の太陽光発電システム

 

 

▲CO₂削減イメージ図

 

 

 

プレスリリース全文(PDF)

]]>
JMAQA AWARDS 2020受賞のお知らせ https://www.comany.co.jp/news/2020/02/06/14894/ Thu, 06 Feb 2020 06:00:26 +0000 https://www.comany.co.jp/?post_type=news&p=14894 続きを読む JMAQA AWARDS 2020受賞のお知らせ]]> JMAQA AWARDS 2020でコマニーが受賞
~SDGsおよびISOの事業プロセスとの統合について受賞~

 

2020年2月6日 

 

 パーティションで快適空間・機能空間を創造するメーカーのコマニー株式会社(本社:石川県小松市、代表取締役社長執行役員:塚本健太)は、一般社団法人日本能率協会審査登録センター(以下JMAQA)が主催するJMAQA AWARDS 2020を受賞いたしました。

 このJMAQA AWARDS 2020は、JMAQAに登録されている組織を対象として事業とマネジメントを一体化させることで、ISOを上手く活用し成長している組織の取り組みを称え、表彰するものです。なお、今回の受賞は、審査員による推薦と第三者により構成された選考委員会での審査を経て決定されています。

 このたびの受賞はコマニーが自社にSDGsを経営に実装するため制定した価値創造モデル「コマニーSDGs∞(メビウス)モデル」にて全社を巻き込んだ事業活動を展開している独自性や、ISO、SDGsと事業プロセスとの統合がISOマネジメントシステムにより仕組み化され運用されていること、また、環境面ではSDGs宣言企業として再エネ100宣言REAction※1への加入とSBT※2目標の設定に向けての取り組みを通し、再エネと省エネの両面から地球温暖化防止に積極的に取り組んでいることも評価されています。
 表彰式は、2020年3月19日(13:00~)品川インターシティーホールにて開催され、コマニーは「SDGsおよびISOの事業プロセスとの統合について」をテーマに事例講演を行います。

 

※1 再エネ100宣言REAction…日本国内の企業、行政・教育機関、病院等の団体が使用電力を100%再生可能エネルギーに転換する意思と行動を示し、再エネ100%利用を促進する新たな枠組み
※2 SBT…Science Based Targetの略称で、世界の平均気温の上昇を産業革命前より「2度未満」に抑えるために、企業に対して科学的な知見と整合した削減目標を設定するよう求めるイニシアチブ

 

 

 

JMAQA AWARDS 2020について

JMAQA(一般社団法人日本能率協会審査登録センター)に登録頂いている皆様を対象とし、事業とマネジメントシステムを一体化させ、ISOを上手く活用し成長している組織様を表彰。2018年度より開催され、今年で3回目を迎えます。詳細はJMAQAの特設WEBサイトをご覧ください。

 

 

JMAQA特設WEBサイト

 

 

 

JMAQA 一般社団法人日本能率協会審査登録センター

一般社団法人日本能率協会審査登録センター(JMAQA)は1994年、特定の業種・業界に依らないマネジメント系第三者認証機関として設立。詳細はJAMQAのWEBサイトをご覧ください。

 

 

JAMQA WEBサイト

 

 

 

プレスリリース全文(PDF)

]]>
「輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会」 行動宣言への賛同のお知らせ https://www.comany.co.jp/news/2020/02/03/14879/ Mon, 03 Feb 2020 04:00:03 +0000 https://www.comany.co.jp/?post_type=news&p=14879 続きを読む 「輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会」 行動宣言への賛同のお知らせ]]> 「輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会」行動宣言へ賛同

~ダイバーシティ&インクルージョン推進で女性活躍取り組み強化~

 

2020年2月3日 

 

パーティションで快適空間・機能空間を創造するコマニー株式会社の代表取締役社長執行役員の塚本健太は、2020年2月3日に内閣府が支援する「輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会」行動宣言に賛同しました。

 

 

▲「輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会」行動宣言ロゴマーク

 

 

2014年3月に首相官邸で開催された「輝く女性応援会議」を契機に、2014年6月、女性の活躍推進に積極的に取り組んでいる企業の男性リーダーにより、「輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会」行動宣言が策定されました。

この行動宣言は、組織のトップを務める男性リーダーが様々な女性の意欲を高め、その持てる能力を最大限発揮できるよう「自ら行動し、発信する」「現状を打破する」「ネットワーキングを進める」ことを宣言するものです。

賛同する男性リーダーが宣言に沿って具体的な取り組みを進め、取り組みの輪を社会的に影響力のある男性リーダーに広げていくことを目指しています。

 

 

一人一人が光り輝き活躍できる組織の実現

コマニーでは、多様性を尊重し、それぞれの個性を発揮できる環境を築いていくことが成長戦略の軸となるという認識のもと、ダイバーシティ&インクルージョン(以下D&I)とワーク・ライフ・バランスの推進に取り組んでいます。具体的には、女性従業員の活躍、定年再雇用や障害者雇用、さらには外国人雇用の拡大など一人一人のもつ多様な能力「自分らしさ」を発揮できる組織の実現を図っています。

 

これらを実現するため、2019年には初の女性社外取締役が就任し、経営層を主導としたサステナビリティ経営推進委員会、D&I推進分科会を発足させ、さまざまな課題を洗い出し取り組みを進めています。女性活躍推進においては、2030年までに女性従業員比率を30%、女性管理職比率を20%まで引き上げることを目指し、女性も男性も働きやすい職場づくりや風土の醸成、人財育成や採用計画を推進していきます。

 

 

 

コマニーの女性従業員人数・女性管理職人数と比率の推移

 

 

 

 

コマニーグループ統合報告書2019

当社の目指す姿や価値創造の取り組みを紹介している「コマニーグループ統合報告書2019」は当社のホームページからダウンロードできます。

 

 

コマニーグループ統合報告書2019

 

 

 

 

「輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会」行動宣言ホームページ

「輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会」行動宣言の詳細はこちらからご確認いただけます。

 

男女共同参画局ホームページ

 

 

 

プレスリリース全文(PDF)

]]>
2020年3月期第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結) https://www.comany.co.jp/news/2020/01/30/14873/ Thu, 30 Jan 2020 06:01:37 +0000 https://www.comany.co.jp/?post_type=news&p=14873 コーポレート・ガバナンスに関する報告書について https://www.comany.co.jp/news/2019/12/26/14800/ Thu, 26 Dec 2019 11:05:41 +0000 https://www.comany.co.jp/?post_type=news&p=14800 連結子会社の異動、子会社に対する債権放棄及び特別損益の計上に関するお知らせ https://www.comany.co.jp/news/2019/12/23/14781/ Mon, 23 Dec 2019 06:33:53 +0000 https://www.comany.co.jp/?post_type=news&p=14781 役員の異動に関するお知らせ https://www.comany.co.jp/news/2019/12/23/14775/ Mon, 23 Dec 2019 06:32:24 +0000 https://www.comany.co.jp/?post_type=news&p=14775 年末年始休業のお知らせ https://www.comany.co.jp/news/2019/12/12/14742/ Thu, 12 Dec 2019 00:52:24 +0000 https://www.comany.co.jp/?post_type=news&p=14742 続きを読む 年末年始休業のお知らせ]]> 当社では下記の通り年末年始休業とさせていただきます。
お客様にはご不便をお掛けいたしますが、予めご了承いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

【年末年始休業期間】
2019年12月28日(土)~ 2020年1月5日(日)

 

【お問い合わせについて】
休業期間中、メール・FAXでのお問い合わせは受付をしておりますが、
回答については1月6日(月)より順次対応させていただきますので、何卒ご了承の程お願い致します。

]]>
「誰一人取り残さないレポート」 公開のお知らせ https://www.comany.co.jp/news/2019/12/10/14692/ Tue, 10 Dec 2019 06:00:34 +0000 https://www.comany.co.jp/?post_type=news&p=14692 続きを読む 「誰一人取り残さないレポート」 公開のお知らせ]]> 世界人権デーに公開

コマニーが「誰一人取り残さないレポート」を発行

~現代の社会問題をSDGs推進で解決~ 

 

2019年12月10日 

 

パーティションで快適空間・機能空間を創造するメーカーのコマニー株式会社(本社:石川県小松 市、代表取締役社長執行役員:塚本健太)は、SDGsを積極的に推進する企業として、企業の目指す姿と活動内容を紹介する「誰一人取り残さないレポート」(以下、誰レポ)を、SDGsに特化したコミュニケーションツールとして12月10日に公開しました。

このレポートでは、コマニーの目指す姿や独自性・社会性のある活動と商品を紹介しています。企業経営を行う上で特に幸福にすべき人達や、それらの人達をコマニーの技術で幸福にする取り組み事例、達成に向けた活動を詳細に記しており、ステークホルダーの皆様に当社をより理解していただけるツールになっています。

 

 

 

▲誰一人取り残さないレポート表紙

 

 

▲コマニーSDGs∞(メビウス)モデル

 

当社は、SDGsを達成するためには一人一人に焦点を当てて取り組むことが重要であると考えており、2018年9月にコマニーが目指す「関わるすべての人の幸福に貢献する」経営を実現するための価値創造モデルとして「コマニーSDGs∞(メビウス)モデル」を制定しました。このメビウスモデルは誰レポにも掲載しており、当社がどのような人達と間仕切りを通して関わっているのかを細かく示しています。このメビウスモデルをもとにすべてのステークホルダーに対する目標を明確にし、持続可能な開発目標の達成に向け、現在も継続して企業価値の最大化を図っています。これまでは、気候変動やトラックドライバー不足などの社会問題に対して改善・改良の取り組みを行ってきました。

本レポート公開を機会に、ステークホルダーとの対話から更なる企業価値の向上に繋げていきます。

 

 

 

 

誰一人取り残さないレポートの内容(目次)

○トップメッセージ

〇「誰一人取り残さない」の実現を支えるコマニーの価値創造

  「間仕切り」で環境づくり、人づくりに貢献

  コマニーSDGs∞(メビウス)モデル

○コマニーが考える「誰一人取り残さない」

 

○活動事例

  超高齢化社会でも高齢者を取り残さない

  公共空間のトイレにおいて誰一人取り残さない

  地震による室内の倒壊から誰一人取り残さない

  ジェンダーギャップ解消に向けた積極的な取り組み

  コマニーグループ人権方針を制定

  サプライヤー様と協同で共存共栄の実現

  地球環境保護に取り組み誰一人取り残さない

  産官連携で地方創生へ貢献

  NPO法人との市民共創社会の実現に貢献

 

 

 

誰一人取り残さないレポート(PDF)

 

 

 

統合報告書

非財務情報と財務情報の両方の観点から、 2030年に目指す姿とその計画を経営戦略として明確にまとめたコミュニケーションツールです。

 

 

 

統合報告書(PDF)

 

 

 

プレスリリース全文(PDF)

]]>
2020年3月期第2四半期決算説明資料を掲載しました https://www.comany.co.jp/news/2019/12/05/14688/ Wed, 04 Dec 2019 23:10:50 +0000 https://www.comany.co.jp/?post_type=news&p=14688 グリーン購入大賞(大企業部門)受賞 のお知らせ https://www.comany.co.jp/news/2019/11/20/14570/ Wed, 20 Nov 2019 04:27:14 +0000 https://www.comany.co.jp/?post_type=news&p=14570 続きを読む グリーン購入大賞(大企業部門)受賞 のお知らせ]]> グリーン購入大賞(大企業部門)で コマニーが大賞を受賞

~価値創造モデル「コマニーSDGs∞(メビウス)モデル」が高評価~

 

2019年11月20日

 

 パーティションで快適空間・機能空間を創造するメーカーのコマニー株式会社(本社:石川県小松市、代表取締役社長執行役員:塚本健太)は、グリーン購入ネットワーク(以下GPN)が主催の第20回グリーン購入大賞にて、大企業部門での大賞を受賞いたしました。

 このグリーン購入大賞は「持続可能な調達」を通じて、グリーン市場の拡大に貢献した取り組みとSDGsの目標達成に寄与する取り組みを表彰するものです。このたびの受賞はコマニーが自社にSDGsを経営に実装するため制定した価値創造モデル「コマニーSDGs∞(メビウス)モデル」にて全社を巻き込んだ事業活動を展開し、企業価値の最大化を図ったところが評価されたものです。

 

 

 本モデルは、製品・サービスを通じてSDGs の各目標の達成を目指すことはもちろんのこと、事業そのものだけではなく、全てのステークホルダーに対する目標を明確化し、「関わる全ての人の幸福に貢献する経営」を実現することを目指しています。また、SDGs目標9のイノベーションの拡大に着目し、「技術」を世界レベルに向上させることをキーとしてSDGs∞モデルを持続的に循環させ、SDGsを経営に実装することにより企業価値の最大化を図っています。

 尚、表彰式は、2019年12月5日(10:00~)に「エコプロ2019」の会場にて開催されます。

 

 

審査の評価コメント

コマニーSDGs∞(メビウス)モデルは、SDGsをどう経営計画や事業に結びつけていくかという命題に対する取り組みとして、分かりやすい。プロダクト・サービスとサプライチェーン、地域社会等の幅広いステークホルダーとの連携施策を計画・実践されている点が評価できる。

 

 

 

グリーン購入大賞について グリーン購入大賞は、環境に配慮した製品やサービスを環境負荷低減に努める事業者から優先的に購入する「グリーン購入」の普及・拡大に取り組む団体を表彰する制度として、1998年に創設しました。

 第19回(2018年度)より、社会における持続可能な調達の促進を図るために、気候変動の抑制や生物多様性の保全、資源循環の高度化等の環境の側面を中心とした取り組みに加えて、操業の遵法性や労働者の権利、貧困等の人に関わる社会課題を考慮した調達など、SDGsの目標達成に寄与する取り組みも応募対象とし、持続可能な調達を通じたグリーン市場の拡大への貢献という観点から審査・評価を行いました。

 また、20回目の節目となる今回は、電力小売事業者や購入者を対象に、再生可能エネルギーの普及促進に優れた取り組みを表彰する特別部門を設置いたしました。

 

グリーン購入大賞の詳細はグリーン購入ネットワークのWEBサイトをご覧ください。 

 

グリーン購入ネットワーク

 

 

 

グリーン購入ネットワーク(GPN)について グリーン購入を促進するために、1996年2月に設⽴された、企業・行政・⺠間団体等による緩やかなネットワーク組織。地方公共団体や企業等の組織購入者へグリーン購入の普及啓発を行うと共に、商品分野ごとの購入ガイドラインの策定、約15,000 点の商品の環境情報を掲載したデータベース(エコ商品ねっと)の運営等を行っています。2018年度からは、パリ協定やSDGs等の世界的動向をふまえ、活動の領域をグリーン購入から持続可能な調達に拡大し、購入原則の改定や取り組み度を測るための仕組みを構築し、事業を推進しています。

 2019年8月時点の会員団体数は1,336 団体(企業1,102、行政109、 ⺠間団体125)です。

 

 

 

プレスリリース全文(PDF)

]]>
600KWの太陽光発電 稼働のお知らせ https://www.comany.co.jp/news/2019/11/11/14524/ Mon, 11 Nov 2019 08:48:58 +0000 https://www.comany.co.jp/?post_type=news&p=14524 続きを読む 600KWの太陽光発電 稼働のお知らせ]]> コマニー本社の太陽光発電が1MWに

新たに600KWの太陽光発電が稼働

~2040年に自社再生エネルギー割合100%を目指して~ 

 

2019年11月11日 

 

パーティションで快適空間・機能空間を創造するメーカーのコマニー株式会社(本社:石川県小松市、代表取締役社長執行役員:塚本健太)は、本社工場に新たな太陽光発電システム600KW を設置し11月1日より稼働いたしました。

 今回の設置された太陽光パネルの設備はパネル枚数2100枚で出力600KWとなり、年間発電量が673,000KWhとなります。既に2014年度にはコマニーでの太陽光発電システムは稼働していましたが、これまで出力は400KWでした。今回の設置により、コマニー本社地区では1MWの太陽光発電システムとなります。総計1MWの発電能力で、コマニー全体の電力使用量の17%に相当する発電を自社再生可能エネルギーで行えるようになりました。

 これにより、コマニーが発電する太陽光パネルのCO2排出削減量は310t/年と見込んでおり、スギの木の二酸化炭素吸収量に換算すると約14,500本相当の効果となります。

 コマニーでは消費電力量 10GWh 未満の企業を対象としたイニシアティブ「再エネ 100 宣言 RE Action(アールイー・アクション)」に初回参加団体として10月9日に加入し、再生可能エネルギーの割合を2040年までに100%を目指すことをコミットメントしており。目標達成ができるように、これらかも企業責任として地球環境保全に先進的に取り組んでまいります。

 

600KWの太陽光発電

 

 

 

■再エネ 100 宣言 RE Action の詳細について 

 公式ウェブサイトをご参照ください。

 

公式ウェブサイト(PDF)

 

 

■RE100について

  RE100は、世界で影響力のある企業が、事業で使用する電力の再生可能エネルギー100%化にコミッ トする協働イニシアチブです。再生可能エネルギーの活用は企業の排出削減目標の達成につながり、広範囲なエネルギーコスト管理を可能とするため、賢明なビジネス上の判断と言えます。RE100 には、 情報技術から自動車製造までフォーチュン・グローバル500 企業を含む多様な分野から企業が参加し、 その売上合計は4 兆5000 億米ドルを超えています。企業が結集することで、政策立案者および投資家に対してエネルギー移行を加速させるためのシグナルを送ることを意図しています。RE100 はThe Climate Group がCDP とのパートナーシップのもとで主催しています。日本では2017年4月より、日 本気候リーダーズ・パートナーシップ(JCLP)がRE100の地域パートナーとして、日本企業の参加を支援しています。 

 

 

プレスリリース全文(PDF)

]]>
コーポレート・ガバナンスに関する報告書について https://www.comany.co.jp/news/2019/10/30/14368/ Wed, 30 Oct 2019 07:00:05 +0000 https://www.comany.co.jp/?post_type=news&p=14368 2020年3月期 第2四半期決算短信〔日本基準〕(連結) https://www.comany.co.jp/news/2019/10/30/14352/ Wed, 30 Oct 2019 06:17:23 +0000 https://www.comany.co.jp/?post_type=news&p=14352 業績予想と実績の差異に関するお知らせ https://www.comany.co.jp/news/2019/10/30/14342/ Wed, 30 Oct 2019 06:16:01 +0000 https://www.comany.co.jp/?post_type=news&p=14342 センシング・バイタル技術を用いてオフィス空間の実験中のお知らせ https://www.comany.co.jp/news/2019/10/28/14128/ Mon, 28 Oct 2019 05:23:38 +0000 https://www.comany.co.jp/?post_type=news&p=14128 続きを読む センシング・バイタル技術を用いてオフィス空間の実験中のお知らせ]]> センシング・バイタル技術を用いてオフィス空間の実験中

~働き方、オフィス空間のあり方をコマニー自社オフィスで研究~

 

2019年10月28日

 

 パーティションで快適空間・機能空間を創造するメーカーのコマニー株式会社(本社:石川県小松市、代表取締役社長執行役員:塚本健太)は、自社東京オフィスをCOMANY LAB TOKYOとし昨年11月にリニューアルオープンをしました。そのスペースを利用し、実際に働く社員のさまざまな情報をIT・IoT技術を用い、よりよいオフィス空間を導くための実験を2019年2月より行っています。

 

 

働き方が問われる時代に働く環境の最適化を求めるために自社オフィスで体験・実験の実施

 当社では働き方に対し、働く快適な環境を生み出すための商品づくり・製品づくりに努めています。その一環として自らが被験者となって、より良いオフィス空間をつくり出すため、当社の東京オフィスの中に、「COMANY LAB TOKYO」を設置し、2019年2月より実証実験を開始しています。 仕事の生産性やコミュニケーションの取り方、集中スペースとしての環境などさまざまな実験を自社内で検証し、これからのオフィス空間のあり方を研究しています。

 設計意図の違う4つのエリアを利用し4つの部署が各エリアを体験することに合わせ、IT・IoT技術(主にセンシング・バイタル技術)を用いて社員の働いている状態の定量データの測定と合わせてアンケート・インタビュー調査を行い定性データを抽出し、働く環境においてどのような要因が生れているかの調査・分析を行っています。

 

▲ 当社の東京オフィス『COMANY LAB TOKYO』        ▲ バイタル情報の計測の様子 

 

 

 

実験の結果でみえてきた課題と空間・エリアの重要性

 今回の実験は途中経過ではありますが、現段階で当社における働き方の課題と空間の重要性がみえてきました。

 アンケートやインタビュー調査より、働く空間・エリアの使用用途を利用者が理解していると利用満足度が高くなり、さらに一定の空間・エリアだけでなく、複数の空間・エリアを使えることが働きやすさに繋がることがわかりました。『集中』と『コミュニケーション』のバランスが一人ひとり違う中でどのように最善な空間を生み出せるかが重要だと考えます。

 今回、実験データを基礎データとして数値を捉えることができ、さらなる課題がみえてきたので、次なる仮説の構築をし、今後も継続的にあらゆる側面からオフィス空間における働きやすさの実現を目指します。

 

 

 

■設計意図の違う実験オフィス4つのエリア

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

センシング・バイタルデータの取得一例 

SQ-Barの紹介

バイタルデータ抽出の一部としてシンプレックス社のSQ-Barを活用。両手で握り、約1分の測定で正確なバイタルデータをとることができる。バイタルデータにおける、交感神経・副交感神経の状態分析によりストレス値や体調の不具合を察知することができる。

 

 

■今回の実験の流れ 

今回の実験することで導く要件の定義を行い、その要件に向け必要な定量データ(IoT測定)、定性データ(アンケート・インタビュー)の調査・抽出を行い、両面を合わせて分析を行いました。 分析結果よりみえてきたことを次回の基礎データ・仮設とし役立てていきます。

 

 

プレスリリース全文(PDF)

]]>
創立記念行事による休業日のお知らせ https://www.comany.co.jp/news/2019/10/25/14120/ Fri, 25 Oct 2019 02:20:18 +0000 https://www.comany.co.jp/?post_type=news&p=14120 続きを読む 創立記念行事による休業日のお知らせ]]> 2019年10月25日

拝啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
平素よりお引き立て賜りまして誠にありがとうございます。
弊社は、本年創立58周年を迎えることができました。
これもひとえに、皆さまのご愛顧お引き立てによるものと厚くお礼申し上げます。

 

誠に勝手ではございますが、11月8日(金)は創立記念行事のため休業とさせていただきます。

皆さまには、ご不便をおかけいたしますが、何卒、ご理解ご協力をお願い申し上げます。

 

休業日 : 2019年11月8日(金)終日

 

2019年11月11日(月)より通常営業を開始いたします。

]]>
コマニーグループ統合報告書2019発行のお知らせ https://www.comany.co.jp/news/2019/10/16/14081/ Wed, 16 Oct 2019 05:16:51 +0000 https://www.comany.co.jp/?post_type=news&p=14081 続きを読む コマニーグループ統合報告書2019発行のお知らせ]]> コマニーグループ統合報告書2019を発行

~コマニーの2030年に目指す姿を明確したコミュニケーションツール~

 

2019年10月16日

 

 パーティションで快適空間・機能空間を創造するメーカーのコマニー株式会社(本社:石川県小松市、代表取締役社長執行役員:塚本健太)は、従業員やお客様、投資家様、地域社会などあらゆるステークホルダーを対象としたコミュニケーションツールとして「コマニーグループ統合報告書2019」を2019年10月16日に初めて発行しました。

 今後、本レポートをステークホルダーの皆さまとの対話の中で積極的に活用するとともに、皆さまからのフィードバックをいただき、さらなる内容の充実を図ってまいります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▲統合報告書表紙

 

▲統合報告書2030年に目指す姿

 

 

統合報告書とは、非財務情報(定性的データ)と財務情報(定量的データ)の両方の観点から、自社の独自の強みや経営ビジョン、今後の事業展開とその見通しについてまとめたコミュニケーションツールとなります。
これまでは、2016年・2017年に「コマニーグループCSR報告書」、2018年に「コマニーグループサステナビリティレポート」を発行しておりましたが、全てのステークホルダーの皆さまに、よりコマニーを理解していただくために、当社の中長期的な価値創造ストーリーを加えた統合報告書を発行しました。当社の統合報告書では、価値創造モデルである「コマニーSDGs∞(メビウス)モデル」から、2030年に目指す姿とその計画を経営戦略として明確にまとめております。
今後、本レポートをステークホルダーの皆さまとの対話の中で積極的に活用するとともに、皆さまからのフィードバックをいただき、さらなる内容の充実を図ってまいります。

 

 

統合報告書(PDF)

 

 

プレスリリース全文(PDF)

 

 

]]>
再エネ100宣言RE Action加入のお知らせ https://www.comany.co.jp/news/2019/10/11/14073/ Fri, 11 Oct 2019 06:03:35 +0000 https://www.comany.co.jp/?post_type=news&p=14073 続きを読む 再エネ100宣言RE Action加入のお知らせ]]> 間仕切メーカーのコマニーが再生可能エネルギーでコミットメント

2040年に使用電力の再エネ100%化を目指して

~2040年に自社再生エネルギー割合100%を目指して~ 

 

2019年10月11日 

 

パーティションで快適空間・機能空間を創造するメーカーのコマニー株式会社(本社:石川県小松 市、代表取締役社長執行役員:塚本健太)は、10月9日に設立された、使用電力を100%再生可能エネ ルギーに転換することを宣言するRE100の新たな枠組みである「再エネ100宣言 RE Action(ア ールイー・アクション)」に同日、初回参加団体として加入いたしました。

 

 

 

使用電力を100%再生可能エネルギーに転換することを宣言するRE100(英The Climate Group(以下 TCG)がCDPとのパートナーシップのもと運営)は、企業が意思と行動を示す場として認知度が高 まっています。しかしRE100に参加できるのは「年間消費電力量が10GWh以上の企業」に限定されており、コマニーの年間消費電力量では参加することができません。

 

今回の枠組みは、再エネ100宣言 RE Action協議会(グリーン購入ネットワーク(以下GPN)、イクレイ日本、公益財団法人地球環境戦略研究機関(以下IGES)、 日本気候リーダーズ・パートナーシップ (以下JCLP))が、自治体・教育機関・医療機関等及び、消費電力量 10GWh 未満の企業を対象とし た、使用電力の再エネ 100%化宣言を表明し、共に行動を示していくイニシアティブ「再エネ100宣言 RE Action(アールイー・アクション)」として設立されました。

 

コマニーは今回の「再エネ100宣言 RE Action」に参加し、 自社再生エネルギーを2040年までに100%を目指すことをコ ミットメントしております。

 

2014年度にはコマニー太陽光発電システムが稼働し、再生可能エネルギーを利用しはじめています。現在は再エネ割合が 0.4%となりますが、2019年度には新たに600kWの太陽光パ ネルの増設と稼働を計画しており、これにより1MWの太陽光 発電システムとなります。そして2030年までには自社再生可 能エネルギー割合50%、2040年までには自社再生可能エネル ギー割合100%を目指し、企業責任として地球環境保全に先進的に取り組んでまいります。

 

 

■再エネ 100 宣言 RE Action の詳細について 

 公式ウェブサイトをご参照ください。

 

公式ウェブサイト(PDF)

 

 

■RE100について

  RE100は、世界で影響力のある企業が、事業で使用する電力の再生可能エネルギー100%化にコミッ トする協働イニシアチブです。再生可能エネルギーの活用は企業の排出削減目標の達成につながり、広範囲なエネルギーコスト管理を可能とするため、賢明なビジネス上の判断と言えます。RE100 には、 情報技術から自動車製造までフォーチュン・グローバル500 企業を含む多様な分野から企業が参加し、 その売上合計は4 兆5000 億米ドルを超えています。企業が結集することで、政策立案者および投資家に対してエネルギー移行を加速させるためのシグナルを送ることを意図しています。RE100 はThe Climate Group がCDP とのパートナーシップのもとで主催しています。日本では2017年4月より、日 本気候リーダーズ・パートナーシップ(JCLP)がRE100の地域パートナーとして、日本企業の参加を支援しています。 

 

 

 

プレスリリース全文(PDF)

]]>
当社商品やさしいドア 2019年度グッドデザイン賞受賞のお知らせ https://www.comany.co.jp/news/2019/10/02/14044/ Wed, 02 Oct 2019 05:03:26 +0000 https://www.comany.co.jp/?post_type=news&p=14044 続きを読む 当社商品やさしいドア 2019年度グッドデザイン賞受賞のお知らせ]]> コマニーのやさしいドアがグッドデザイン賞を受賞

~発売より14年間の取り組みを通してシリーズ全体で受賞~

 

2019年10月2日 

 

 パーティションで快適空間・機能空間を創造するメーカーのコマニー株式会社(本社:石川県小松市、代表取締役社長執行役員:塚本健太)以下コマニーは、病院・福祉施設向けに発売しているやさしいドアシリーズが2019年度グッドデザイン賞を受賞したことを発表いたします。

 

 

 

お客様の要望から開発された利用者にとってやさしいドア

コマニーでは14年前に「やさしいドア」を発売しています。当時の福祉施設では、白いスチール製のドアが採用されており、清潔感はあるもののどこか無機質な雰囲気でした。「福祉施設の部屋を自宅と同じような空間にできないか」というお客様の要望からこのドアが開発されました。

 

このドアは木製のため、木ならではの風情や香りがもたらす“ぬくもりやあたたかさ” 、そして“木製” の家庭的な雰囲気が高齢者に安らぎや安心感をあたえます。これに加えて施設の方や利用者の声に徹底して寄り添い、さまざまな工夫・改善を施しています。これらの一つ一つを加えることで「やさしいドア」を実現しました。

 

「やさしい」に対する取り組みでグッドデザイン賞をいただきました。

施設の方や利用者の声からの工夫・改善を繰り返している「やさしいドア」。例えば一般的なスチール製ドアと比べると、高齢者や女性の方でも容易に開閉することができ開閉の負担を軽減します。そして介護や看護のために日々出入りするスタッフの方にとっても、ストレスのない開閉を実現しています。またお客様の声を聞きつづける中で、車椅子利用の方が楽な姿勢で開閉できる「やさしいハンドル」、ドアの枠がキズつきにくく、きれいな外観を維持できる「やさしい枠」、入居者の方が自分の部屋を認識しやすくなる「やさしいポケット」など、「やさしい」シリーズ全体の開発を行ってきました。この取り組みが評価され、グッドデザイン賞を受賞することができました。

 

今後も、私たちコマニーは人々が、明るく、元気になれるような「やさしい」空間づくりを目指し、日々、お客様の声を聞き、お客様に喜んでいただける商品・サービスづくりを行っていきます。

 

やさしいドア商品情報

 

やさしいドアシリーズのお客様の要望を取り入れた、これまで開発したオプション品の一例

やさしいポケット やさしいハンドル やさしい枠 やさしいロック

ドアに思い出の写真などを飾れるポケットを設けることでグループホーム等の入居者の方が自分の部屋を認識しやすくなります。

車いすを利用する体の不自由な方が、楽な姿勢のままでドアの開閉ができるように追求したハンドルです。

ベッドやストレッチャーの出し入れの際に傷つきがちなドア枠を工夫し、介護や看護を行うスタッフの方が安心して利用でき、きれいな状態を維持できます。

入居者の方々がぐっすりねむれるように、カギの開閉音を最小限にしました。

受賞公開コメント(クッドデザイン賞審査員会からの講評)

医療施設や福祉施設などにおいて、患者や入居者が安心感や温かみを感じられるよう、 長期にわたって利用者の意見を聞き取って検討を続けてきたことが理解できる。基本的にはスライドドアを木製としたことが特徴であるが、それ以外にも利用者の意見から様々な工夫を取り入れ、製品バリエーションが拡充されてきた。今回の審査では、シリーズ全体としての製品開発の取り組みが高く評価された。

 

 

グッドデザイン賞とは

gmark
グッドデザイン賞は、1957年に創設された日本で唯一の総合的なデザイン評価・推奨の仕組みです。デザインを通じて産業や生活文化を高める運動として、国内外の多くの企業やデザイナーが参加しています。これまでの受賞件数は47,000件以上にのぼり、受賞のシンボルである「Gマーク」は、よいデザインを示すシンボルマークとして広く親しまれています。

 

クッドデザイン賞

 

 

 

プレスリリース全文(PDF)

 

]]>
夏季休業のお知らせ https://www.comany.co.jp/news/2019/08/08/13900/ Thu, 08 Aug 2019 07:57:21 +0000 https://www.comany.co.jp/?post_type=news&p=13900 続きを読む 夏季休業のお知らせ]]> 2019年8月8日

 

当社では下記の通り夏季休業とさせていただきます。
お客様にはご不便をお掛けいたしますが、予めご了承いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

【夏季休業期間】
2019年8月14日(水)~ 2019年8月18日(日)

 

【お問い合わせについて】
休業期間中、メール・FAXでのお問い合わせは受付をしておりますが、回答については8月19日(月)より順次対応させていただきますので、何卒ご了承の程お願い致します。

 

]]>
コマニーWEBサイト復旧のお知らせとお詫び https://www.comany.co.jp/news/2019/07/26/13866/ Fri, 26 Jul 2019 11:04:01 +0000 https://www.comany.co.jp/?post_type=news&p=13866 続きを読む コマニーWEBサイト復旧のお知らせとお詫び]]> 2019年7月26日

 

平素は弊社WEBサイトをご利用いただきありがとうございます。

 

弊社WEBサイトにおいて、第三者からの不正アクセスにより、一部サイトが改ざんされており、調査のために7月22日よりWEBサイトを閉鎖しておりましたが、調査及びメンテナンスを終え、復旧いたしましたことをお知らせいたします。

 

今回の件により、ご利用のお客様には大変ご不便をおかけいたしましたこと、深くお詫び申し上げます。今後は、このようなことのないよう万全を期す所存でございますので、何卒変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

]]>
2020年3月期 第1四半期決算短信〔日本基準〕(連結) https://www.comany.co.jp/news/2019/07/26/13859/ Fri, 26 Jul 2019 08:23:06 +0000 https://www.comany.co.jp/?post_type=news&p=13859 「オフィストイレのオールジェンダー利用に関する研究会」調査結果についてのお知らせ https://www.comany.co.jp/news/2019/07/23/13856/ Tue, 23 Jul 2019 05:00:51 +0000 https://www.comany.co.jp/?post_type=news&p=13856 組織改正および人事異動に関するお知らせ https://www.comany.co.jp/news/2019/07/19/13853/ Fri, 19 Jul 2019 00:20:53 +0000 https://www.comany.co.jp/?post_type=news&p=13853 次世代認定マーク「くるみん」取得のお知らせ https://www.comany.co.jp/news/2019/06/28/13833/ Fri, 28 Jun 2019 06:18:27 +0000 https://www.comany.co.jp/?post_type=news&p=13833 続きを読む 次世代認定マーク「くるみん」取得のお知らせ]]> 2019年6月28日

 

コマニーが次世代認定マーク「くるみん」を取得

~仕事と子育ての両立を重視した取り組みで社員一人ひとりが活躍できる環境に~

 

パーティションで快適空間・機能空間を創造するメーカーのコマニー株式会社(本社:石川県小松市、代表取締役 社長執行役員:塚本健太)はこのたび、厚生労働省より「次世代育成支援対策推進法」(以下「次世代法」)に基づく「子育てサポート企業」として認定され、次世代認定マークである「くるみん」を取得したことをお知らせ致します。

 

「くるみん」認定制度は、次世代法に基づき、一般事業主行動計画を策定した企業のうち、次世代育成に関する支援の計画に定めた目標を達成し、一定の基準を満たした企業が、厚生労働大臣の認定を受けられる制度です。

 

 

コマニーは、2015年より次世代法に基く行動計画を策定し、仕事と子育ての両立を重視し、男女共に取得可能な時短勤務・時差出勤制度の導入や長時間残業削減の取り組みなどを実施して参りました。このたび「行動計画」で掲げた内容の実績が評価され「くるみん」マークの取得につながりました。今後も子育てサポートはもとより、社員一人ひとりが活躍できる環境整備に積極的に取り組んで参ります。

 

◆行動計画 期間:2015年4月1日~2019年3月31日

 

目標

実績評価

妊娠中の女性社員に対して母性健康管理について個別資料の作成をして社員に配布し、制度の周知を図る。

・出産予定の社員に対して、個別面談をおこない、産前・産後休暇、育児休業などの制度についての説明・周知。

・全社員に対しても「働き方改革レポート」を作成し、制度や給付金の周知を実施。

小学校就学前の子を持つ社員が希望する場合に利用できる時短勤務及び時差勤務できる制度を周知する。

女性が働きやすい職場環境・制度づくりを目的に女性活躍推進チームを発足し、時短勤務と時差勤務制度を規定し、社内に周知。

所定外労働を削減するための取り組みの充実・促進を行う。

・毎週水曜日をノー残業デーに設定し、部門責任者からの周知や定時退社を促す放送などを実施。

・所定外労働時間が20時間を超える対象者に残業時間の実績や推移を知らせ、長時間労働の抑制を実施。

・36協定において、残業の上限時間を毎月120時間から80時間に変更し残業時間削減の啓蒙を実施。

 

 

【本件のお問合せ

コマニー株式会社 サステナビリティ経営推進室(担当:北村)

TEL:0761-21-1201 

 

【リリースPDF】

コマニーが次世代認定マーク「くるみん」を取得

]]>
小松市とSDGs推進に関するパートナー協定締結のお知らせ https://www.comany.co.jp/news/2019/06/28/13823/ Fri, 28 Jun 2019 01:30:30 +0000 https://www.comany.co.jp/?post_type=news&p=13823 続きを読む 小松市とSDGs推進に関するパートナー協定締結のお知らせ]]> 2019年6月28日

 

小松市×コマニー

SDGs推進に関するパートナー協定を締結

~「空間創り、環境共生、防災・減災、次世代育成」などの協力でより良い社会の実現へ~

 

パーティションで快適空間・機能空間を創造するメーカーのコマニー株式会社(本社:石川県小松市、代表取締役 社長執行役員:塚本健太)は小松市とお互いの多様な強みや資源を活かして、SDGs(持続可能な開発目標)が目指すより良い未来を創るため、共に行動し、協力していくことを目的とする「SDGs推進に関するパートナー協定」を2019年6月27日に締結致しました。

 

 

 2015年9月の国連サミットにて全会一致で採択されたSDGs(持続可能な開発目標)について、日本では推進本部を設置し推進するとともに、自治体や企業等の取り組みを促進しています。

 コマニーでは、2018年4月にSDGs宣言を表明するとともに、SDGsを経営に実装したビジネスモデル「コマニーSDGs ∞(メビウス)モデル」を制定、また、人々のみならず、社会や地球にもより良い製品づくりや、様々な機会を通じた普及啓発など、SDGsが目指す持続可能な社会に向けて積極的な活動を展開しています。

 今回、コマニーの本社所在地である小松市とパートナー協定を結ぶことにより、市民や地域への幅広い普及啓発はもとより、双方のまちづくりや事業活動での展開など、お互いの強みや資源を活かして活動していくことで、SDGs推進の効果を高めてまいります。そして誰にも心地よい空間創りの推進をはじめ、環境共生、防災・減災、次世代育成などの各分野について、双方または共通での活動を通じて、SDGsが目指すより良い社会の実現を推進してまいります。

 

 

【本件のお問合せ

コマニー株式会社 サステナビリティ経営推進室(担当:北村)

TEL:0761-21-1201 

 

【リリースPDF】

SDGs推進に関するパートナー協定を締結

]]>
コーポレート・ガバナンスに関する報告書について https://www.comany.co.jp/news/2019/06/27/13841/ Wed, 26 Jun 2019 23:51:22 +0000 https://www.comany.co.jp/?post_type=news&p=13841 コマニーグループ人権方針を掲載しました https://www.comany.co.jp/news/2019/06/26/13818/ Wed, 26 Jun 2019 08:11:16 +0000 https://www.comany.co.jp/?post_type=news&p=13818 第59回定時株主総会にて報告した第59期事業報告を掲載しました https://www.comany.co.jp/news/2019/06/26/13816/ Wed, 26 Jun 2019 08:10:19 +0000 https://www.comany.co.jp/?post_type=news&p=13816 ROAD to 2030 ダイアログ~SDGsに取り組む地元企業との対談~ページを掲載しました https://www.comany.co.jp/news/2019/06/20/13777/ Thu, 20 Jun 2019 05:44:14 +0000 https://www.comany.co.jp/?post_type=news&p=13777 「第59回定時株主総会招集ご通知」の一部訂正について https://www.comany.co.jp/news/2019/06/13/13725/ Thu, 13 Jun 2019 10:26:14 +0000 https://www.comany.co.jp/?post_type=news&p=13725 2019年3月期決算説明資料を掲載しました https://www.comany.co.jp/news/2019/06/03/13655/ Mon, 03 Jun 2019 00:03:41 +0000 https://www.comany.co.jp/?post_type=news&p=13655 剰余金の配当に関するお知らせ https://www.comany.co.jp/news/2019/05/24/13583/ Fri, 24 May 2019 06:00:02 +0000 https://www.comany.co.jp/?post_type=news&p=13583 お問い合わせ回答メール遅延のお詫び https://www.comany.co.jp/news/2019/05/07/13439/ Tue, 07 May 2019 11:47:59 +0000 https://www.comany.co.jp/?post_type=news&p=13439 続きを読む お問い合わせ回答メール遅延のお詫び]]> 2019年5月7日

 

平素よりコマニーウェブサイトをご利用いただき、誠にありがとうございます。

 

弊社お問い合わせフォームおよびカタログ請求フォームのサポート状況についてお知らせ致します。

 

通常、サポート窓口では、メールでのお問い合わせに対するご返信や対応につきまして2営業日以内を目安としておりますが、メールサーバーの入れ替えにより弊社でのメール受信に遅延がおきており、対応に遅れが発生しております。

 

回答メールは順次お送りいたしますので、お問い合わせをいただいたお客様はいましばらくお待ちくださいますようお願い申し上げます。

 

お客様にはご迷惑をおかけしておりますこと誠に申し訳ございませんが、何卒ご理解ご了承のほどよろしくお願い申し上げます。

]]>
2019年3月期 決算短信〔日本基準〕(連結) https://www.comany.co.jp/news/2019/04/26/13401/ Fri, 26 Apr 2019 08:03:00 +0000 https://www.comany.co.jp/?post_type=news&p=13401 業績予想と実績の差異に関するお知らせ https://www.comany.co.jp/news/2019/04/26/13398/ Fri, 26 Apr 2019 08:01:38 +0000 https://www.comany.co.jp/?post_type=news&p=13398 会長・副会長・社長人事、代表取締役の異動および役員人事ならびに組織改正、人事異動に関するお知らせ https://www.comany.co.jp/news/2019/04/26/13394/ Fri, 26 Apr 2019 07:57:50 +0000 https://www.comany.co.jp/?post_type=news&p=13394 ゴールデンウィーク休業のお知らせ https://www.comany.co.jp/news/2019/04/23/13340/ Tue, 23 Apr 2019 00:52:53 +0000 https://www.comany.co.jp/?post_type=news&p=13340 続きを読む ゴールデンウィーク休業のお知らせ]]> 当社では下記の通りゴールデンウィーク休業とさせていただきます。
お客様にはご不便をお掛けいたしますが、予めご了承いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

【ゴールデンウィーク休業期間】
2019年4月27日(土)~ 2019年5月6日(月)

 

【お問い合わせについて】
休業期間中、メール・FAXでのお問い合わせは受付をしておりますが、
回答については5月7日(火)より順次対応させていただきますので、何卒ご了承の程お願い致します。

]]>
組織改正および人事異動に関するお知らせ https://www.comany.co.jp/news/2019/03/15/13126/ Fri, 15 Mar 2019 07:00:25 +0000 https://www.comany.co.jp/?post_type=news&p=13126 健康経営優良法人2019に認定のお知らせ https://www.comany.co.jp/news/2019/02/22/13052/ Fri, 22 Feb 2019 08:04:14 +0000 https://www.comany.co.jp/?post_type=news&p=13052 続きを読む 健康経営優良法人2019に認定のお知らせ]]> 2019年2月22日

 

コマニー会社は、2月21日、経済産業省と日本健康会議が共同で選定する「健康経営優良法人2019(ホワイト500)」に、認定されましたのでお知らせします。また、子会社であるクラスター株式会社につきましても「健康経営優良法人(中小規模法人部門)」に認定されました。

 

 

           k500k

 

 

コマニーグループでは、全従業員が物心両面の幸福を目指し、従業員やその家族が心身ともに健康でいきいきと明るく元気に活躍できることを第一に考え、2018年には「コマニー健康経営宣言」を宣言し、会社、従業員・家族が一体となって健康維持・増進に取り組んできました。このたび、これまでの取り組みが評価され、認定いただきました。

 

 

当社における主な取り組み内容

(1)社員と家族の健康増進

健康診断項目の充実/家族の健康診断推進/生活習慣病対策の 強化/ストレスチェックの全社員実施

 

(2)健康的な職場環境づくり推進

禁煙促進・受動喫煙防止への取組み/コンプライアンスホットラインの周知/ 飲酒や食生活改善の啓蒙と指導実施

 

(3)仕事と生活のバランス推進

社員への健康教育と理解促進/労働時間適正化/業務効率化推進

 

 

健康経営優良法人認定制度について

健康経営優良法人認定制度とは、地域の健康課題に即した取組や日本健康会議が進める健康増進の取り組みをもとに、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度です。

 

経済産業省 健康経営優良法人認定制度

 

]]>
電子錠商品 販売終了のお知らせ https://www.comany.co.jp/news/2019/02/08/12992/ Fri, 08 Feb 2019 08:30:31 +0000 https://www.comany.co.jp/?post_type=news&p=12992 続きを読む 電子錠商品 販売終了のお知らせ]]> 2019年2月8日

 

 この度、長年ご愛顧いただいておりました電子錠商品の販売につきまして、2019年3月31日をもちまして弊社での販売を終了させていただくことになりました。

 

 お客様におかれましては、弊社電子錠商品をご愛用いただきながら、ご不便をおかけすることとなり、誠に申し訳なく存じます。なお、ご使用中の商品のお問い合せにつきましては、引き続き弊社にて対応してまいりますので、ご安心下さい。

 

 

■販売終了商品

 

c g p1
Cuty (キューティ) Grace (グレース) Premia (プレミア)

 

p2 d
PremiaⅡ (プレミアⅡ) DECIMEL (デシメル)

 

 

■販売終了時期

2019年3月31日

 

 

■お問い合わせ窓口

問い合せ先:セリュール事業部

TEL:0120-937-525

※月曜日~金曜日の9:00~17:00(会社休業日を除く) 

 

 

]]>
平成31年3月期第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結) https://www.comany.co.jp/news/2019/02/08/12983/ Fri, 08 Feb 2019 04:38:04 +0000 https://www.comany.co.jp/?post_type=news&p=12983 特別損失の計上 、業績予想の修正 (連結・個別 連結・個別 )および役員報酬の一部自主返上に関するお知らせ https://www.comany.co.jp/news/2019/02/08/12986/ Fri, 08 Feb 2019 04:37:29 +0000 https://www.comany.co.jp/?post_type=news&p=12986 コーポレート・ガバナンス報告書の更新について https://www.comany.co.jp/news/2018/12/14/12769/ Fri, 14 Dec 2018 04:39:07 +0000 https://www.comany.co.jp/?post_type=news&p=12769